フランス、エムバペ&ジルー弾でW杯後初勝利。オランダ相手に2-1

2018年09月10日(Mon)5時38分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

20180910_frankreich_getty
先制ゴールを挙げたキリアン・エムバペ(中央)【写真:Getty Images】

【フランス 2-1 オランダ UEFAネーションズリーグ リーグAグループ1第1節】
 
 現地時間9日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグAグループ4第1節のフランス対オランダは、ホームのフランスが2-1で勝利した。

 ロシアワールドカップで5大会ぶりの2度目の優勝を果たしたフランスが同大会出場を逃したオランダ相手に苦しみながらも勝利した。

 試合は14分にペナルティーエリア内でオランダDFのクリアミスを拾ったマテュイディが折り返すとファーサイドでフリーのエムバペが押し込みフランスが先制点を挙げる。その後は11人が自軍で守備ブロックを敷くオランダ相手にフランスはなかなかチャンスを作りだせないがDF陣もオランダ攻撃を抑え1点リードで折り返す。

 後半は運動量の落ちたフランスに対しオランダがボールを支配する時間が増える。すると67分、右サイドを崩しセンタリグ上げると中央でバベルがDFと競り合いながらも押し込みオランダが同点に追いつく。しかしフランスもW杯王者の意地を見せる。75分、左サイドからのセンタリングにジルーが左足のボレーシュートを決め逆転に成功する。

 結局これが決勝点となりフランスがオランダを2-1で下した。

【得点者】
14分 1-0 エムバペ(フランス)
67分 1-1 バベル(オランダ)
75分 2-1 ジルー(フランス)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top