世界最高のトップ下は誰? 攻撃的MF能力値ランキング、Fチャン編集部選定(10位~1位)【編集部フォーカス】

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の名手たちの各能力を独断で数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する。

2018年09月13日(Thu)10時40分配信

シリーズ:18/19能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

10位:アルメニアの星

ヘンリク・ムヒタリアン
ヘンリク・ムヒタリアンの能力値【写真:Getty Images】

ヘンリク・ムヒタリアン(アルメニア代表/アーセナル)

 ボルシア・ドルトムント時代には香川真司らとともにプレーし、同クラブの黄金期を築いた選手の一人。狭いコースにもスルスルと侵入できる滑らかなドリブルが最大の持ち味であり、中央でボールを捌きながらチャンスを生み出すプレーも得意としている。キックの精度が高いため、中盤の低い位置やサイドで起用しても存在感を放つことができる。大事な場面で発揮される決定力も見事だ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top