リバプールMFが“内弁慶”解消。ホーム18連続得点に続いてアウェイ初ゴール

2018年09月16日(Sun)20時08分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

ジョルジニオ・ワイナルドゥム
リバプールのジョルジニオ・ワイナルドゥム【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグ第5節の試合が現地時間15日に行われ、トッテナムとリバプールが対戦。アウェイのリバプールが2-1で勝利を収めた。

 リバプールは前半39分、CKからのボールにMFジョルジニオ・ワイナルドゥムが頭で合わせて先制点。54分にはFWロベルト・フィルミーノが2点目を加え、トッテナムの反撃を後半アディショナルタイムの1点に抑えた。

 27歳のオランダ代表MFワイナルドゥムは、この日の先制点が今季初ゴール。プレミアリーグでは4年目にしてようやうアウェイゲームでの初ゴールとなった。

 ワイナルドゥムは2015年にニューカッスルに加入し、プレミアリーグ1年目で11ゴールを記録。その翌年にはリバプールへ移籍し、過去2年間で7ゴールを決めた。だがこれまでの18ゴールは全てがホームゲームでの得点だった。

 ある程度はアウェイよりホームでの得点が多くなるのは普通だとしても、ここまで極端に偏る例は珍しく、アウェイで決められないことが話題となっていた。英メディア『BBC』によれば、アウェイでのシュート通算55本目での初ゴールとなった。

【了】

新着記事

↑top