香川真司の“代入”は可能か。ドルトムント、最適解見つけるもローテは必須

2018年10月20日(Sat)10時10分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

中盤には「贅沢な」選択肢。香川はプランBに入れるか

香川真司
チャンスを待つ香川真司【写真:Getty Images】

 それはつまり、試行錯誤の末に見つけ出した“最適解”=“ロイス・システム”を維持できるか、という問題にも繋がるだろう。今回はタイミング良く代表ウィークを治療にあてることができたが、今後もフル稼働を続けさせれば、過密日程の途中でロイスが離脱してしまうことにもなりかねない。どこかで主将を休ませる決断も必要になってくるだろう。

 その場合、“ロイス・システム”は維持したまま、マリオ・ゲッツェか香川真司を代役として起用するのか、それとも、それとは異なるスタイルを用いるのか。ゲッツェは中断前のアウクスブルク戦でゴールを決めて復調の兆しを見せ、足首の問題で一時的に離脱していた香川も全体練習に合流した。クリスティアン・プリシッチも戦列に復帰。選手が多い「ミッドフィールドでは贅沢な問題について話すことができる」。

 “最適解”の維持と、プランBの必要性。それが再び始まる過密日程におけるテーマと言えそうだ。

(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

【了】

1 2

新着記事

↑top