本田圭佑は別格だった。新ポジションでも攻撃牽引、豪州で示した「3億円」の価値

本田圭佑がオーストラリアデビューを果たした。結果は1-2で敗れたが、いきなりの先制ゴールを奪うなど、大一番に強いことをまたしても見せた。攻守にわたり別格の質を見せ、高額年俸に見合う価値があることを自ら証明した。(取材・文:植田路生【メルボルン】)

2018年10月21日(Sun)10時00分配信

text by 植田路生 photo Getty Images
Tags: , , , ,

失われていないゴールへの嗅覚

本田圭佑
嗅覚を見せつけた本田圭佑【写真:Getty Images】

 これが嗅覚というものなのか。

 それまで控え目にプレーしているとさえ思えた本田圭佑が初めて前線に顔を出した。前半28分、本田が右サイドでドリブルを仕掛け前方にパス。ボールを受けた味方がエリア内の選手とパス交換している時に本田はエリア内に侵入する。オーバーラップしてきたSBのストーム・ルーがセンタリングを上げると、本田が頭で合わせ、メルボルン・ビクトリーが先制した。

 新天地でのデビュー戦となったメルボルン・シティとのダービーマッチ。先発出場した本田は4-3-1-2の「3」の右インサイドハーフを任されていた。「新しいポジションでプレーすることになる」と語っていたとおり、これまで主戦場としてきたトップ下からは1列下がったことになる。

 序盤は攻撃に絡む機会は多くなかった。常に味方にポジショニングの指示を出しており、まずはチームのバランスを崩さないようにしていた。明らかに本田は攻撃よりも守備を意識していた。

 そうした中で、本田はゴールの匂いを嗅ぎ取り、前線に上がっていった。「結果を求めていくが、得点とは違う形の結果になるかもしれない」と話していたが、最もわかりやすいゴールという結果を出した。

 本田はこれまでも重要な試合では得点を奪っていた。活躍を期待していた豪州のファンに、まずは一発回答で応えた。

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top