圧倒的なユーベ、極め付けのC・ロナウド…でも勝てず。指揮官が要求する、更なる高み

現地時間20日に行われたセリエA第9節、ユベントス対ジェノアの一戦は1-1のドローに終わった。連勝街道をひた走っていたホームチームにとっては今季初の勝ち点1。ジェノアを圧倒しながらも勝てなかった原因、課題はどこにあるのだろうか。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

2018年10月21日(Sun)12時42分配信

text by 神尾光臣 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

集中力を欠いた中での悔やまれる失点

クリスティアーノ・ロナウド
C・ロナウドにゴールが生まれたものの、ユーベは今季初のドロー【写真:Getty Images】

 サッカーにはこういうことも起こるということだ。30分間、我われはとても軽々しい試合運びをしてしまった。ただ我われのようなチームがこうであってはならない」

 ジェノア戦後の記者会見で、ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督はチームに対する叱責を述べた。開幕から公式戦で連勝街道をひた走っていたユベントスが喫した、今シーズン初めてのドロー。それはまさに、集中力の欠如によってもたらされたものだった。

 67分、ジェノアFWクリスティアン・クアメが、カウンターから右サイドを駆け上がり前線に飛び出す。そこから放たれた右クロスをユーベのDF陣が弾き、クリアボールはゴールラインの方向に流れた。詰めたクアメは、ボールに触らないように観察する。このままジェノアのCKになると思いきや、イレギュラーにバウンドしたボールはピッチに残った。

 これを拾ったクアメが中を見ると、プレーが切れたとセルフジャッジをしたユーベの選手が棒立ちになっている。最終ラインとGKの間に正確なクロスを放つと、決して長身とはいえないダニエル・ベッサが反応し、フリーでヘディングシュート。ユーベにとって、集中力を欠いた末の失点。そしてそれを、取り返すことは叶わなかった。

 優勢を保っていればペースダウンもするだろうし、連勝が止まったところで2位以下にリードを保っているのは事実だ。しかし、高みを求めるアッレグリ監督には看過できなかったということだ。

 60分間はパーフェクトに近い内容だったことを振り返れば、指揮官がそう考えるのも理解はできる。このまま試合を終わらせられなかったのは、確かに悔やまれることだった。

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top