今季の主役となるチームはどこ? クラブ期待度ランキング、Fチャン編集部選定(10位~1位)【編集部フォーカス】

2018/19シーズンが開幕し、約3ヶ月が経とうとしている。序盤から好成績を収めているクラブはもちろん、期待を裏切るスタートを切ってしまったクラブも現れ始めている。その中で、今季の主役となるチームはどこになるだろうか。今回フットボールチャンネルでは、新シーズンを彩るであろうクラブをランキング形式で紹介する。

2018年11月01日(Thu)10時00分配信

シリーズ:18/19能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

10位:ナポリ

ナポリ
ナポリ【写真:Getty Images】

ナポリ(イタリア/セリエA)
昨季リーグ戦成績:2位(勝ち点91/28勝7分3敗)
監督:カルロ・アンチェロッティ(イタリア/59歳)
チームキャプテン:マレク・ハムシク(MF/スロバキア代表)
スタイル:ポゼッション

 昨季はマウリツィオ・サッリ監督の下、「欧州一美しいサッカー」とも評されたそのポゼッションスタイルを武器にリーグ戦2位に輝いたナポリ。今季もその躍進を支えた主力選手はおおむね残留を果たしており、セリエAはもちろんチャンピオンズリーグでもどこまで生き残れるか期待が高まる。

 さらに同クラブにとって追い風となるのがカルロ・アンチェロッティ監督の就任である。言わずと知れた名将は、サッリ・スタイルをチームに残しながら、システム変更も頻繁に行うなど自身のスタイルも植えつけ、新たな可能性をもたらした。現地時間3日に行われたCL・グループリーグ第2節、対リバプール戦では相手の爆発的な攻撃陣を無失点に抑え、勝利をもぎ取るなど、アンチェロッティ・スタイルは欧州の舞台でも輝きを放ったのである。

9位:バイエルン・ミュンヘン

バイエルン・ミュンヘン
バイエルン・ミュンヘン【写真:Getty Images】

バイエルン・ミュンヘン(ドイツ/ブンデスリーガ)
昨季リーグ戦成績:1位(勝ち点84/27勝3分4敗)
監督:ニコ・コバチ(クロアチア/47歳)
チームキャプテン:マヌエル・ノイアー(GK/ドイツ代表)
スタイル:ポゼッション

 ジョゼップ・グアルディオラ、カルロ・アンチェロッティ、ユップ・ハインケスら名将中の名将を監督に迎えてきたバイエルン・ミュンヘン。その中で、今季はビッグクラブを率いた経験のないニコ・コバチを新監督に迎えるなど大胆な“賭け”に出た。そのため、シーズン序盤のつまずきは、ある程度想定内だったと言うべきだろうか。

 1日現在ではリーグ戦2連勝中と復調の兆しを見せ始めてきた。ただ、リーグ戦優勝はマスト、本命はCL制覇というのがバイエルン・ミュンヘンの考え方であることは間違いない。現状、その目標を達成するには厳しいと言わざるを得ないが、ここからの巻き返しに期待したい。

8位:ボルシア・ドルトムント

ボルシア・ドルトムント
ボルシア・ドルトムント【写真:Getty Images】

ボルシア・ドルトムント(ドイツ/ブンデスリーガ)
昨季リーグ戦成績:4位(勝ち点55/15勝10分9敗)
監督:ルシアン・ファブレ(スイス/61歳)
チームキャプテン:マルコ・ロイス(FW/ドイツ代表)
スタイル:カウンター

 今季良い意味で期待を裏切っているチームの一つだ。昨季はリーグ戦4位に終わるなど不本意なシーズンを過ごしたボルシア・ドルトムントだったが、今季は1日現在でリーグ首位、チャンピオンズリーグでもアトレティコ・マドリーなどを退けてグループリーグの首位に立っているなど、好調を維持している。

 中でもパコ・アルカセルの存在は大きく、印象的な活躍を見せ続けている。さらにマルコ・ロイスやジェイドン・サンチョらも好調を維持しており、新加入のアクセル・ヴィツェルもチームにフィットした。久々に大きな期待を抱けるシーズンを迎えたと言えるかもしれない。

【次ページ】7位~4位

1 2 3 4 5

新着記事

FChan TV

↑top