プレミアリーグ、メンバー登録条件の一部変更を検討か。日本人選手への影響はあるのか?

2018年11月13日(Tue)22時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

プレミアリーグ
プレミアリーグ【写真:Getty Images】

 イングランドサッカー協会(FA)は2020年までにプレミアリーグの選手登録条件を変更する意向であると英メディア『デイリー・メール』などが報じている。

 変更を検討しているのはホーム・グロウン・ルールである。これは最大25人のトップチーム登録メンバーの内8人は、21歳の誕生日までに最低3シーズン、もしくは36か月間、イングランドあるいはウェールズのクラブに在籍した選手でなければならないというものである。

 この対象となる選手を8人から13人にする考えだという。これはイギリスがEUからの離脱表明を受けてのことだと同メディアは報じている。

 現在、最大となる17人の国外出身の選手を保持しているクラブはマンチェスター・シティ、トッテナム、ブライトン、ハダースフィールド、ワトフォードである。チェルシーとリバプールは16人、アーセナルが15人、マンチェスター・ユナイテッドは14人となっている。

 現在、DF吉田麻也、FW岡崎慎司、武藤嘉紀が所属するプレミアリーグだが、この3人への影響はあるのか。また、これからの日本人選手への影響はいかに。

【了】

新着記事

↑top