ユベントスに隙なし。C・ロナウドがもたらす勝利、機能した新たな戦術オプション

現地時間24日に行われたセリエA第13節で、ユベントスはSPALに2-0で勝利を収めた。王者が見せる戦いに隙はない。すでに2位ナポリに大差をつける抜群の安定感を実現させるのは、今季からチームに加わった新エースの存在。背番号7がもたらす相乗効果は総合力の向上にも一役買っている。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

2018年11月25日(Sun)14時28分配信

text by 神尾光臣 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ターンオーバーを敷いても…

クリスティアーノ・ロナウド
ユベントスの強さは群を抜いている。メンバーを入れ替えても隙を見せずSPALに勝利した【写真:Getty Images】

 隙がない。ユベントスはチャンピオンズリーグ(CL)のバレンシア戦をにらみ主力を温存したが、メンバー入れ替え時にありがちな番狂わせを許さずSPALに完勝。目下正GKであるヴォイチェフ・シュチェスニーの代わりにまっティア・ペリンがゴールマウスを守ったが、彼が頑張らなければならないシーンそのものがないくらいにチームは安定していた。

 クリスティアーノ・ロナウドは、先制点となる今季9ゴール目を決めるのみならず、攻撃をリードしてすっかりエースとして定着。むろん彼だけでなく、2トップでパートナーとなったマリオ・マンジュキッチや、4試合出場停止の影響でチームの快進撃に出遅れていたドグラス・コスタらも活躍した。試合に出たほぼ全員が機能し、ユーベの勝利に貢献した。

 このところ4-3-3で固まっていたシステムを4-4-2に変えながらも、攻撃にも守備にも淀みをきたすようなところはあまり見当たらなかった。メンバーを入れ替えてもプレーの質は高く保たれ、肝心要の結果もきちんと出してくる。ユーベのチーム力がまた一段上がったことを実感させられた一戦だった。

 まず踏まえなければならないのは、SPALは決して悪くはなかったということだ。むしろ前半の30分くらいまでは、アウェイでありながら中盤の競り合いを制して主導権を握っていた。

 大きな戦力差のある格下でも、引いて守るサッカーはしてこなかった。3-5-2のシステムのもと、高い位置からプレスをかけてボールを奪いにいく。そしていざボールを保持すると、選手たちは5mから10mほどの間隔を保って、ボールに対して必ず3人の連係でショートパスを回して攻めた。後方のディフェンスラインも、ユーベの前線のチェックにひるむことなくパスをつなぎ、展開を作っていた。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top