来年35歳の長谷部誠、フランクフルト残留か。首脳陣「契約延長の話し合いを始めた」

2018年11月26日(Mon)8時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

20181126_hasebe_getty
アウクスブルク戦にフル出場したフランクフルトの長谷部誠【写真:Getty Images】

 フランクフルトは同クラブに所属するMF長谷部誠と契約延長に向けて話し合いを進めている事を明らかにした。

 現地時間24日、ブンデスリーガ第12節が行われフランクフルトはアウェイでアウグスブルクと対戦し3-1で勝利した。この試合で長谷部はフル出場を果たし勝利に貢献した。

 試合後、フランクフルトで代表取締役を務めるフレディ・ボビッチ氏は独メディア『シュポルトアインス』で「マコト・ハセベとは契約延長に向けた話し合いを始めている。こちらは全て話をしており今は返答を待っている」とコメントした。

 長谷部の契約延長については先月22日にブルーノ・ヒュブナーSD(スポーツディレクター)が独メディア『ヘッセンシャウ』で「我々はマコトとコンタクトを取っている。話し合いは進んでいる。正確な条件の下で今後も一緒に仕事を続けたいというシグナルは出している」と契約延長に前向きな発言をしていた。

 今季は序盤こそベンチ外を経験するなど出番がなかったが、リーグ戦第4節のRBライプツィヒ戦で先発復帰するとそこから高いパフォーマンスを見せるなど、現在公式戦10試合連続負けなしの原動力となっている。

 来年1月には35歳を迎える長谷部だがフランクフルト首脳陣は活躍を評価しており来季も残留する可能性は十分考えられそうだ。

【了】

新着記事

↑top