ローマの“象徴”が現役引退を示唆「最も深刻な怪我」「終わりは近づいている」

2018年12月22日(Sat)11時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ダニエレ・デ・ロッシ
ダニエレ・デ・ロッシ【写真:Getty Images】

 ローマに所属する35歳の元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシが、現役引退を示唆した。20日に伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 10月28日にナポリ戦でプレーしたのを最後に、右足半月板の負傷によって戦列を離れているデ・ロッシ。予想以上に状態は悪く「僕のキャリアにおいて、最も深刻な怪我だ」と、デ・ロッシは語っている。

 続けて「軟骨の問題。これまで怪我に苦しんできたが、もし再び35歳で損傷すれば、それは非常に深刻となる。時間は必要だ。ランニングをはじめ、ボールも蹴り始めたが、まだ良くない」とコメント。

 さらに「僕が愛した街で、僕が愛した仕事を、僕が愛する人々と一緒にやってきた。しかし、その終わりは近づいている。怪我を抱えていることを思うと、心が重いよ」と、現役引退を示唆した。フランチェスコ・トッティ氏が引退した今、デ・ロッシはローマの“象徴”となっているが、その象徴もキャリアを終えることになるのだろうか。

【了】

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top