韓国が生んだ別格の存在、ソン・フンミン。ケインと織りなす完璧な攻撃力。土台となるあの選手もカギに

現地時間23日に行われたプレミアリーグ第18節、エバートン対トッテナムの一戦は6-2でアウェイチームが勝利を収めた。爆発的攻撃力を生んだのはともに2ゴールを挙げたソン・フンミンとケインだ。それを支えたある選手の献身性も光った。(文:小澤祐作)

2018年12月24日(Mon)12時06分配信

text by 小澤祐作 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

もはやトッテナムに恐いものなし

トッテナム
トッテナムのエバートン戦スターティングイレブン

 エバートンのホームスタジアムであるグディンソン・パークで勝利をもぎ取るのは決して簡単ではない。これまでも何度かビッグクラブが返り討ちにあっている。

 だが、現地時間23日、プレミアリーグ第18節で同スタジアムに挑んだトッテナムは、難しいアウェイゲームをいとも簡単に乗り切った。チャンピオンズリーグでは大逆転でグループリーグ突破、カップ戦では好調アーセナルを下し、リーグ戦は3連勝中。そんな彼らに、もはや恐れるものは何もなかった。

 この日も、試合開始から何度かチャンスを作り出すなど良い入りをみせた。中盤はダイヤモンドのような形で、2トップにはハリー・ケインとソン・フンミンが並び、トップ下にはデレ・アリ。クリスティアン・エリクセン、ハリー・ウィンクス、ムサ・シソコの3枚がその後ろで並んだ。

 しかし、先制に成功したのはホームのエバートンだった。21分、ギルフィ・シグルズソンのパスに抜け出したドミニク・カルバート=ルーウィンが左サイドからグラウンダーのクロスを上げる。これに反応したセオ・ウォルコットが冷静に流し込み、均衡を破った。

 先制されるというのは、どのチームにとっても難しいことである。ましてや相手はエバートン。各ポジションに実力者を揃える同チームは、ビッグ6にも劣らぬ力を持っているのは明らか。トッテナムは、試合時間こそかなり残っていたが、厳しい立場に置かれた。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top