マンC、まさかの2連敗で首位遠のく…。レスター岡崎慎司は終盤に途中出場

2018年12月27日(木)2時02分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , ,

20181226_manc_getty
マンCが連敗【写真:Getty Images】

【レスター 2-1 マンチェスター・シティ プレミアリーグ第19節】

 現地時間26日に行われたプレミアリーグ第19節でマンチェスター・シティはレスターと対戦し、敵地で1-2と敗れた。レスターのFW岡崎慎司は88分から途中出場している。

 前節クリスタル・パレス戦の敗戦を払しょくしたいシティは、14分に先制する。中央でパスを受けたアグエロが2タッチでスルーパスを出すと、抜け出したベルナルド・シルバが冷静に決めて幸先良く先制した。

 しかし、シティのパフォーマンスは上がらず、主導権を握ったのはレスター。19分、ヴァーディーからのクロスをオルブライトンが決めて1-1とする。

 レスターのペースで折り返すと、後半に入ってもシティは本来のサッカーを見せられない。

 すると、リードを奪ったのはホームチームだった。81分、右からのCKは相手DFに跳ね返されるが、こぼれ球をリカルド・ペレイラがシュート。弾丸シュートを突き刺して逆転に成功する。

 リードを奪ったレスターは、88分に岡崎を投入して守備意識を高め、2-1で勝利を収めた。

 同日の試合では首位のリバプールがニューカッスルに大勝しており、シティとの勝ち点差は7となった。

【得点者】
14分 0-1 ベルナルド・シルバ(マンチェスター・シティ)
19分 1-1 オルブライトン(レスター)
81分 2-1 ペレイラ(レスター)

【了】

新着記事

↑top