元オランダ代表スタムが母国で監督就任。1部クラブ指揮は初

2018年12月29日(Sat)8時37分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ヤープ・スタム
ヤープ・スタム氏【写真:Getty Images】

 元オランダ代表のヤープ・スタム氏が、同国1部リーグのズヴォレで監督を務めることが決定した。現地時間28日、クラブが発表している。

 現役時代にマンチェスター・ユナイテッドやラツィオなどで活躍したスタム氏は、1年半の契約でズヴォレの指揮官に就任することが決まった。1992年にズヴォレでプロのキャリアをスタートさせた同氏は、現役引退後に同クラブを指導した経験があるものの、暫定監督やアシスタントといった立場で、正式な監督となるのは今回が初めてだ。

 スタム氏は「ズヴォレは私の心のクラブであり、復帰はとてもうれしい」とコメントした。

 47歳のスタム氏は、2016年にイングランド2部レディングの監督に就任したが、今年3月にチームの成績不振を受けてクラブを去っている。

 ズヴォレは現在、エールディビジで最下位と勝ち点3差の16位。日本代表の堂安律が所属するフローニンゲンなどと並んでおり、シーズン後半戦はタフな残留争いを戦うことになりそうだ。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top