英代表サウスゲート監督と主将ケインに大英帝国勲章。W杯4強の功績を評価

2018年12月29日(Sat)18時09分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

ハリー・ケイン、ガレス・サウスゲート
ハリー・ケインとガレス・サウスゲート監督【写真:Getty Images】

 イングランド代表のガレス・サウスゲート監督およびキャプテンのFWハリー・ケインに大英帝国勲章が授与されることが決まった。英メディア『BBC』などが伝えている。

 サウスゲート監督率いるイングランド代表は、今年夏に行われたロシアワールドカップで準決勝進出を果たし、4位で大会を終えた。イングランド代表がワールドカップ準決勝以上に進んだのは1990年大会以来28年ぶりの快挙だった。

 トッテナム所属のケインはイングランド代表のキャプテンとしてチームを引っ張るとともに、6ゴールを挙げて大会得点王に輝いた。1986年大会のガリー・リネカー氏以来32年ぶりとなる英国人のワールドカップ得点王獲得だった。

 サウスゲート監督は大英帝国勲章の第4位にあたるOBEを受勲。ケインは第5位のMBEを受勲する。サッカー関係者では他に、マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した86歳の元北アイルランド代表GKハリー・グレッグ氏にもOBEが授与される。

 過去には、サッカー関係者ではリネカー氏のほかライアン・ギグス氏、デイビッド・ベッカム氏、フランク・ランパード氏などがOBEを受勲。MBEはスティーブン・ジェラード氏やテディ・シェリンガム氏などが受勲している。

【了】

新着記事

↑top