バルサ、メッシ&スアレス弾でヘタフェに勝利。柴崎岳はアジア杯出場のため欠場

2019年01月07日(Mon)6時35分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

20190107_barca_getty
先制ゴールを決めたメッシ【写真:Getty Images】

【ヘタフェ 1-2 バルセロナ エスパニョーラ第18節】
 
 リーガ・エスパニョーラ第18節が現地時間の6日に行われ、バルセロナはヘタフェと対戦した。試合はアウェイのバルセロナが2-1で勝利した。ヘタフェに所属する柴崎岳はアジアカップ参加のため欠場した。

 試合は20分、アルトゥールがペナルティーエリア内に浮き球を送るとDFに当たりコースが変わったボールに対し相手選手よりも早く反応したメッシがシュート、GKの足に当たるもこぼれ球を自ら押し込み先制点を挙げる。さらに39分にはFKのこぼれ球をスアレスがゴール正面でボレーシュート、これが左隅に決まりリードを広げる。

 ホームのヘタフェも43分、左サイドからのアーリークロスをファーサイドでアンヘルが折り返すと中央でフリーのマタが押し込み1点差に詰め寄りハーフタイムへ。

 後半に入りバルセロナは59分にCKからピンチを迎えるもGKの好セーブで逆転ゴールを与えない。63分にはメッシがゴール正面からFKを蹴るもボールは枠を捉えきれない。その後は両チームともチャンスは作るも得点を奪う事が出来ず。アウェイのバルセロナが逃げ切りリーグ戦5連勝を飾った。

【得点者】
20分 0-1 メッシ(バルセロナ)
39分 0-2 スアレス(バルセロナ)
43分 1-2 マタ(ヘタフェ)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top