青森山田、逆転勝利で2年ぶり優勝。流経大柏はリベンジならず2年連続準優勝

2019年01月14日(Mon)15時59分配信

photo Kenzaburo Matsuoka
Tags: , , , , ,

青森山田高校
青森山田高校が全国高校サッカー選手権大会優勝【写真:Getty Images】

【青森山田 3-1 流経大柏 全国高校サッカー選手権決勝】

 第97回全国高校サッカー選手権大会決勝が14日に埼玉スタジアム2002で開催され、青森県代表の青森山田高校と千葉県代表の流経大柏高校が対戦した。

 尚志(福島)との東北対決となった準決勝を3-3からのPK戦勝利という大激戦で制して勝ち上がった青森山田は2年ぶりの優勝を狙う。一方、準優勝に終わった昨年の悔しさを晴らすべく戦ってきた流経大柏は、準決勝で瀬戸内(広島)に5-0の快勝を収めて2年連続の決勝に進んできた。

 序盤から両チームが積極的に攻め合う姿勢を見せたが、先手を取ることに成功したのは流経大柏。鹿島アントラーズ入団が内定している守備の要・DF関川郁万が右からのCKに合わせて強烈なヘディングを放つと、ボールはGKの足に弾かれながらもゴールネットを揺らした。

 だが青森山田もすぐさま反撃し、40分には同点ゴールを奪う。自陣からのロングボールを受けて抜け出したFW佐々木銀士が右サイドを持ち上がり、中央を並走していたMF檀崎竜孔へラストパス。北海道コンサドーレ札幌入団が内定している10番が関川を振り切って1-1とするシュートを蹴り込んだ。

 前半アディショナルタイムには青森山田のMF武田英寿がFKからゴール前へ入れたボールが左ポストを叩くが惜しくも得点ならず。前半はそのまま1-1の同点で折り返す。

 後半に入っても武田のシュートなどで何度かゴールを脅かした青森山田は、63分に逆転に成功。右サイドのバスケス・バイロン鮮やかな切り返しでDF2人を置き去りにし、中央へ低いボールを折り返すと、待ち構えた檀崎が右ポスト内側を叩く正確なシュートで自身2ゴール目を決めて2-1とした。

 流経大柏は関川を前線に上げて反撃を試みたが、87分には青森山田が勝利を決定づける3点目。交代出場のFW小松慧がスルーパスを受けて抜け出し、GKとの1対1から冷静にシュートを沈めた。“スーパーサブ”小松は準決勝に続いて交代出場からのゴール。

 4分間のアディショナルタイムを終えてタイムアップを迎え、青森山田が2年ぶり2回目の優勝。流経大柏は昨年のリベンジならず、2年連続の準優勝に終わった。

【得点者】
32分 0-1 関川郁万(流経大柏)
40分 1-1 檀崎竜孔(青森山田)
63分 2-1 檀崎竜孔(青森山田)
87分 3-1 小松慧(青森山田)

【了】

新着記事

↑top