不調のレアルは復活できるか。モドリッチが示した“原点”、勝利のため愚直に続けたこと

リーガエスパニョーラ第20節が現地時間19日に行われ、4位のレアル・マドリーは3位・セビージャと対戦した。要所でゴールを奪ったホームチームが2-0と勝利。なかなか調子の上がらないマドリーだが、この勝利が復活のきっかけとなるかもしれない。(文:青木務)

2019年01月20日(Sun)12時20分配信

text by 青木務 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

調子の上がらないマドリー

190120_real_getty
レアル・マドリー【写真:Getty Images】

 白い巨人が復活の兆しを見せ始めた。勝ち点33で並ぶセビージャを寄せ付けず、2-0と勝利した。今季のレアル・マドリーはなかなか調子が上がってこなかった。フレン・ロペテギは早々に解任され、クラブOBのサンティアゴ・ソラーリが指揮をとることに。就任直後は白星を重ね、そのまま正式に監督の座に就いたが、いわゆる“ブースト”も長くは続かなかった。セビージャ戦を前にマドリーはすでに今季公式戦10敗目を喫しており、これは最近20年間ではワースト記録だという。

 思うように得点が奪えず、相手のミスによって得た勝利もあった。昨年末に行われたクラブワールドカップでは問題なく優勝したが、曲者揃いのリーガエスパニョーラではそうはいかず、苦しい戦いを強いられてきた。

 セビージャは今季もクオリティをキープしており、マドリーの苦戦も予想された。しかし、蓋を開けてみれば2-0でフィニッシュ。要所で得点を奪い、相手にはチャンスを与えず。白い巨人にとって価値のある勝利となった。

 マドリーは復活への道を進んでいくのだろうか。

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top