青木務

1988年生まれ。スポーツライター。16年、「EL GOLAZO」「J’s GOAL」ジュビロ磐田担当。twitter:@tsut0mua0k1

190524_1_getty

なでしこジャパンは2011年の日本そのものだった。空前のブーム、2人の10番が見たその後【日本代表平成の激闘史(12)】

時代は平成から令和へ。時代は変われども、後世へと語り継ぎたい平成に起きた名勝負を、各ライターに振り返ってもらう本企画。今回は平成23年(2011年)、女子ワールドカップ優勝を果たしたなでしこジャパンについて。世界の頂点に立ち、日本国内は『なでしこフィーバー』に沸いた。(文:青木務)

190514_1_getty

久保建英に芸術弾を決められるまで――。耐えたジュビロ、天才に『いい形』与えなかった83分間

明治安田生命J1リーグ第11節・FC東京対ジュビロ磐田の一戦が12日に行われ、磐田は0-1と敗れた。粘り強く守りながらも84分に失点。久保建英にゴールを奪われ、大きな注目を集めることになった。悔しい敗戦となったサックスブルーではあるが、ある程度プラン通りに試合を遂行できていたという。(取材・文:青木務)

190418_son_getty

ソン・フンミンがいる。トッテナム、マンC撃破最大の要因。韓国代表FWはどのような存在なのか?

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグが現地時間17日に行われ、トッテナムはマンチェスター・シティと対戦。トッテナムはアウェイに乗り込み、激しい乱打戦の末にこの一戦は落としたが、アウェイゴールの差で準決勝進出を果たした。この日も輝いたのはソン・フンミン。彼の立ち上がりの連続弾がチームの方針を決めたと言える。(文:青木務)

190416_ominami_getty

磐田DF大南拓磨は『きっかけ』を無駄にしない。傷心に届いた声援、打ちのめされて芽生えたもの

開幕からなかなか結果が出ていないジュビロ磐田だが、DF大南拓磨のパフォーマンスは決して悪くない。今季は主力として戦い、センターバックの一角で堂々たるプレーを披露。第3節・大分トリニータ戦ではレッドカードを受けるなど散々だったが、その時のある出来事が大南をさらに逞しくさせた。第7節・清水エスパルスとの静岡ダービーでは失点に絡んだものの、この日の90分間もまた彼に『きっかけ』を与えるのではないだろうか。(取材・文:青木務)

190410_son_getty

韓国が生んだ世界級、ソン・フンミンがマンCを撃退。勝負を分けた数分、値千金弾の布石とは?

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグが現地時間9日に行われ、トッテナムはホームでマンチェスター・シティと対戦し1-0で勝利した。歓喜を呼び込んだのはソン・フンミン。韓国代表アタッカーが勝負強さを発揮した格好だが、あのゴールが生まれた布石とは?(文:青木務)

190407_1_getty

バルサ、スアレスの“美弾”が生まれた理由。相手の力をも糧に、オブラクに触発された本能

リーガエスパニョーラ第31節が現地時間6日に行われ、バルセロナはアトレティコ・マドリーに2-0と勝利した。10人となった相手を打ち破れぬまま時間が進んでいったが、後半終盤に畳み掛けている。アトレティコの粘りも光ったものの、それによってバルサの力が引き出されたとも言える。(文:青木務)

190404_j_getty

大分FW藤本憲明は「あれは究極だよ。魅力的だよね」。メッシと共通する“感覚”とは?【宮澤ミシェルの独り言】

日本代表選出経験も持つ元Jリーガーで、現役引退後は解説者として活躍中の宮澤ミシェル氏の連載企画。第26回は、明治安田生命J1リーグについて。日本人FWの活躍が目立つが、宮澤氏は彼らをどのように見ているのか。(語り手:宮澤ミシェル)

190317_kagawa_getty

香川真司は日本代表に何をもたらすか。一気に中心返り咲きも? 相乗効果を生み出すその力

トルコ・スュペルリグ第26節が現地時間16日に行われ、香川真司が所属するベシクタシュはギョズテペと対戦し、1-0で勝利した。香川はスタメン出場し、試合終了間際までプレー。トルコの地で存在感を示すアタッカーは、日本代表への復帰も果たした。香川は森保ジャパンに何をもたらすのだろうか。(文:青木務)

190314_barca_getty

バルサの強さは磐石ではない? その理由は…リヨン粉砕で16強“は”通過も皆無ではない隙

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグが現地時間13日に行われ、バルセロナはホームでリヨンを5-1と撃破。1stレグでは0-0の引き分けに終わったが、カンプ・ノウではゴールを重ねた。相手に希望を持たせながら粉々に砕いているが、バルサは磐石なのだろうか。(文:青木務)

190311_kagawa_getty

香川真司は日本代表に必要か? 仲間に与える刺激と効果、示し続けるクオリティの価値

トルコ・スュペルリグ第25節が現地時間10日に行われ、香川真司が所属するベシクタシュはコンヤスポルと対戦し、3-2と勝利した。香川は後半終盤から出場すると、決勝ゴールを記録。トルコの地で存在感を示しているが、日本代表の力にもなれるはずだ。(文:青木務)

190311_icatch_getty

大分、偶然ではない強さの源泉は? 6年ぶりJ1で好発進、監督・選手の言葉から滲み出るもの

明治安田生命J1リーグ第3節が9日に行われ、大分トリニータはジュビロ磐田に2-1と勝利した。これで大分は開幕3試合を終えて2勝を達成。シーズンは始まったばかりだが、今後への期待を感じさせる。好発進の要因とは?(取材・文:青木務)

ダビド・ビジャ

神戸FWビジャ、そのクオリティの真髄とは? 打ち続けた初ゴールへの布石と心理戦

明治安田生命J1リーグ第2節が2日に行われ、ヴィッセル神戸はサガン鳥栖に1-0と勝利した。開幕戦を無得点で終えていた神戸だが、この日は注目の新加入FWダビド・ビジャが待望の初ゴール。そして、得点シーン以外にも随所にレベルの高さを見せつけている。(文:青木務)

香川真司

香川真司は優れたチームプレーヤー。高まる影響力、ゆえに求められる劣勢でのリーダーシップ

トルコ・スュペルリグ第23節が現地時間25日に行われ、香川真司が所属するベシクタシュはホームでフェネルバフチェと対戦し、3-3と引き分けた。香川は移籍後初のスタメン出場を果たし、1アシストを記録。後半終盤の85分までプレーしている。随所に違いを見せた香川に今後求められることとは?(文:青木務)

190225_iwata1_getty

名波ジュビロ、「レベル1」の現在地。自由と規律のバランス、得点力アップへ考えるべきこと

明治安田生命第1節が23日に行われ、ジュビロ磐田はホームで松本山雅FCと対戦し、1-1と引き分けた。J2からの昇格組である相手に先制点を奪われたものの、川又堅碁の一発で追いついたサックスブルー。新たな形を模索する磐田の現在地とは?(取材・文:青木務)

190216_kagawa_getty

香川真司、周囲に信頼されてこそ生きる能力。トルコで手に入れた自分を表現できる環境

トルコ・スュペルリグ第22節が現地時間15日に行われ、香川真司が所属するベシクタシュは敵地でマラティヤスポルと対戦し、2-1と勝利した。香川は62分から途中出場し、得点にも絡んだ。少しずつ出場時間を延ばしながらチームに貢献している。(文:青木務)

新着記事

FChan TV

↑top