磐田、悪夢の16位転落で入れ替え戦へ。最下位の長崎は勝ち点30獲得、18チーム制では最多【J1残留争いの結末】

明治安田生命J1リーグ最終節が1日に行われた。前節までにV・ファーレン長崎、柏レイソルの自動降格が決まり、今節ではJ1参入プレーオフに回る16位チームが確定した。(文:青木務)

2018年12月04日(Tue)10時30分配信

text by 青木務 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

名古屋、鳥栖、湘南は残留

181126_zanryu_gettty
試合前、現実的に16位で終わる可能性があったのは4チーム【写真:Getty Images】

 今季のレギュレーションでは、J1を16位で終えたチームはJ1参入プレーオフに回ることになっている。試合前、現実的にこの順位で終わる可能性があったのは勝ち点40の名古屋グランパス、サガン鳥栖、湘南ベルマーレ、そして勝ち点41のジュビロ磐田だった。

 ホームで最終節を迎えた名古屋は、湘南と直接対決。試合を動かしたのは湘南だった。19分、左クロスを菊池俊介がフリーで決めると、37分に梅崎司がPKで加点。湘南が前半で2点のリードを奪った。

 名古屋は67分、ジョーがPKを獲得すると自ら決めて1点を返す。さらに75分、今度は相手のハンドでPKを得ると、再びジョーが沈めてスコアをタイに戻した。試合は2-2で終了し、共に勝ち点1を稼いだ。

 鳥栖はアウェイで鹿島アントラーズと対戦。試合開始からアグレッシブな戦いを見せるも、得点は奪えない。相手にもチャンスを作らせなかったが、1点が奪えず試合終了。鳥栖も1ポイントを上積みすることとなった。

 名古屋、鳥栖、湘南の3チームは今節も揃って同じ勝ち点を獲得した。そして、彼らと同時刻にキックオフした磐田は厳しい結果を突きつけられた。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top