「冨安は今、試合が面白くて仕方ないと思うよ」。王道を行く20歳CBと日本のアジアカップ【宮澤ミシェルの独り言】

日本代表選出経験も持つ元Jリーガーで、現役引退後は解説者として活躍中の宮澤ミシェル氏の連載企画。第25回は、AFCアジアカップ2019について。準優勝に終わったこの大会で森保ジャパンに足りなかったものとは? 一方、宮澤氏は冨安健洋の活躍を称賛した。(語り手:宮澤ミシェル)

2019年02月07日(Thu)10時00分配信

シリーズ:宮澤ミシェルの独り言
text by 青木務 photo Junichi Ebisawa , Getty Images
Tags: , , , , , , ,

「大会を通して日本はあまりいい出来とは言えなかった」

180502_miyazawa_ebi
宮澤ミシェル氏が、AFCアジアカップ2019について語った【写真:海老沢純一】

 AFCアジアカップ2019は準優勝に終わった。残念だったね。自分たちのリズムをなかなか作れず、大会を通してもそうだけど、チームとしてあまりいい出来とは言えなかった。昨年はウルグアイなどと戦って、やれた部分も見えた。ただやっぱりアジアの戦い、公式大会ということで違いが出た。

 初戦のトルクメニスタン戦から日本は苦労した。0-1にされても取り返して、勝つべくして勝ったんだけど、例えば中島(翔哉)がいたら、守田(英正)がいたらどうだろうとか、そういうのもあった。でも、代表チームでそれを言ったらお終いだからね。

 その初戦って控え選手は北川(航也)しか入れてないんだよね。一人しか代えなかった。だから僕は、2戦目でガラッとメンバーを代えると思った。初戦はこのメンバーで責任を持って戦え、という森保監督のメッセージかなと。でもオマーン戦もほぼベストメンバーだった。

 サブにいい状態の選手がそんなにいないのか、と。例えばもっと、伊東(純也)をバンバン使ったりという感じではないんだなと。決勝トーナメント進出を決めるまでは代えずに、という選択だったんだろうね。

 3試合目はガラッと代えて逆転勝ち、決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア戦(1○0)はメンバーを戻した。僕はサウジアラビア戦であれだけ押されたのが一番ショックだった。割り切って守備を固めたというより、タジタジで行けないという風に映ったんだ。

1 2 3 4

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top