なでしこ10番、女子サッカー界に一石を投じるアクション。ベレーザ・籾木結花インタビュー【前編】

なでしこリーグの観客数が下降線をたどる中、ある選手が立ち上がった。日テレ・ベレーザとなでしこジャパンで10番を背負う籾木結花(もみき・ゆうか)だ。慶應義塾大学の4年生でもある彼女は、20日に行われるINAC神戸レオネッサ戦の集客プロデューサーに就任。『もみPプロジェクト』と銘打ち、様々な企画を考案、実現した。籾木を突き動かしたものとは? 女子サッカー界に一石を投じた22歳へのインタビューを前後編でお届けする。今回は前編。(取材・構成:青木務、取材日:2018年10月3日)

2018年10月18日(Thu)10時00分配信

text by 青木務 photo ⒸTOKYO VERDY , Tsutomu Aoki
Tags: , , , , , ,

「このままだと観客は本当に減っていく一方だなと」

181004_momiki1_aoki
INAC神戸レオネッサ戦の集客プロデューサーに就任した、日テレ・ベレーザの籾木結花【写真:青木務】

――10月20日に行われるINAC神戸レオネッサ戦の集客プロデューサーに就任しましたが、経緯を教えてください。

「2011年のワールドカップで優勝して一気に増えた観客がその後、年々減っていくというのを自分はベレーザで経験してきました。どんどん人がいなくなっていくな、というのはすごく感じていて。大学に入ってからは特に、自分で集客に関わって何かを変えたいという思いはあったんですけど、きっかけを作ることができずに過ぎ去ろうとしていました。

 ですが今回、卒論作成というタイミングをきっかけに何か企画をやらせてもらえないか、というお話をクラブにしました。クラブの方からは「是非やろう」という返事をもらえたので、こういう形になりました」

――クラブも協力的だったとのことですが、いつ発案したのですか?

「何かアクションを起こしたいという気持ちは自分の中であって、開幕前からクラブに伝えていました。リーグ前半戦ではベレーザの集客の現状などをもっと細かく知りたかったので、色々な情報を提供してもらい状況を把握しようと。それもあって、実際にアクションを起こすのは後半戦になりました。

――INAC戦に向けて準備してこられたのですか?

「個人的には9月22日(対浦和レッドダイヤモンズレディース)、10月20日(対INAC)と2回行いたいと思ったんです。でも9月22日に関しては、7月になでしこジャパンのアメリカ遠征があり、8月もアジア大会で約1ヶ月いなかったこともあって、9月に行うのは難しいなと。

 それで、10月20日に絞ってやることになったんですけど、INAC戦でというのはそんなに意識していなくて。でも今考えれば、なでしこジャパンの在籍人数が一番多い対戦カードですし、その辺りも注目してもらえるポイントかなと思っています」

1 2 3 4

新着記事

↑top