インタビュー

マニ・ジャズミ

「盲目のサッカー記者」がいた。“観る”のではなく“聴く”。先入観を砕く、その情熱と人生【インタビュー】 2019.03.07

我々はフットボールを「見ている」。でなければこの競技は理解できないのか? そんな疑問や先入観は一瞬で打ち砕かれた。AFCアジアカップで出会ったある1人のジャーナリストは、先駆者であり開拓者でもある。イラン出身の全盲のフットボールジャーナリスト、マニ・ジャズミ氏の人生やサッカー観に迫った。(取材・文:舩木渉)

パトリック・クライファート

伝説のFWクライファートが語るバルサ愛、息子ユスティン、そしてオランダの新たな至宝【インタビュー】 2019.02.05

先日までAFCアジアカップ2019が開催されていたUAEに、かつてバルセロナやアヤックスなどで活躍した元オランダ代表FWのパトリック・クライファート氏が滞在していた。ラ・リーガのアンバサダーとして忙しいスケジュールをこなす合間に、往年のレジェンドFWがインタビューに応じ、息子ユスティンやバルサ加入が決まったあの逸材について惜しみなく語ってくれた。(取材・文:舩木渉【UAE】)

パトリック・クライファート

伝説のFWクライファートに聞く「堂安律がもっと飛躍を望むなら…」「アジアカップ決勝は…」【インタビュー】 2019.02.01

現在AFCアジアカップ2019が開催されているUAEに、かつてバルセロナやアヤックスなどで活躍した元オランダ代表FWのパトリック・クライファート氏が滞在している。ラ・リーガのアンバサダーとして忙しいスケジュールをこなす合間に、往年のレジェンドFWがインタビューに応じてくれた。(取材・文:舩木渉【UAE】)

鎌田大地

鎌田大地「日本代表より優先順位は上」。欧州に身を置く理由と前人未到の野望【独占インタビュー】 2018.12.31

数多くの日本人選手が欧州でプレーするようになって久しいが、シーズン二桁得点を達成した者は多くない。今季、ベルギーで前半戦だけでその高いハードルを乗り越えた若武者がいる。シント=トロイデンVVに所属するMF鎌田大地は、ドイツ1部フランクフルトでの苦渋の1年を経てベルギーに渡って自信を取り戻した。まばゆいばかりの輝きを放つ22歳が独占インタビューに応じ、偽りなき胸中を語った。今回は【後編】をお届けする。(取材・文:舩木渉【ベルギー】、取材日:2018年12月19日)

鎌田大地

鎌田大地「僕が良ければこのチームは勝てる」。シント・トロイデンで取り戻した自信【独占インタビュー】 2018.12.31

数多くの日本人選手が欧州でプレーするようになって久しいが、シーズン二桁得点を達成した者は多くない。今季、ベルギーで前半戦だけでその高いハードルを乗り越えた若武者がいる。シント=トロイデンVVに所属するMF鎌田大地は、ドイツ1部フランクフルトでの苦渋の1年を経てベルギーに渡って自信を取り戻した。まばゆいばかりの輝きを放つ22歳が独占インタビューに応じ、偽りなき胸中を語った。今回は【前編】をお届けする。(取材・文:舩木渉【ベルギー】、取材日:2018年12月19日)

181016_momiki1_verdy

女子サッカーの価値、なでしこ10番が目指す未来とは? ベレーザ・籾木結花インタビュー【後編】 2018.10.18

なでしこリーグの観客数が下降線をたどる中、ある選手が立ち上がった。日テレ・ベレーザとなでしこジャパンで10番を背負う籾木結花(もみき・ゆうか)だ。慶應義塾大学の4年生でもある彼女は、20日に行われるINAC神戸レオネッサ戦の集客プロデューサーに就任。『もみPプロジェクト』と銘打ち、様々な企画を考案、実現した。籾木を突き動かしたものとは? 女子サッカー界に一石を投じた22歳へのインタビューを前後編でお届けする。今回は後編。(取材・構成:青木務、取材日:2018年10月3日)

181004_momiki1_aoki

なでしこ10番、女子サッカー界に一石を投じるアクション。ベレーザ・籾木結花インタビュー【前編】 2018.10.18

なでしこリーグの観客数が下降線をたどる中、ある選手が立ち上がった。日テレ・ベレーザとなでしこジャパンで10番を背負う籾木結花(もみき・ゆうか)だ。慶應義塾大学の4年生でもある彼女は、20日に行われるINAC神戸レオネッサ戦の集客プロデューサーに就任。『もみPプロジェクト』と銘打ち、様々な企画を考案、実現した。籾木を突き動かしたものとは? 女子サッカー界に一石を投じた22歳へのインタビューを前後編でお届けする。今回は前編。(取材・構成:青木務、取材日:2018年10月3日)

川島永嗣

川島永嗣、「第3GK」から「正GK」までの苦難。リザーブチームも経験した守護神の悲壮な覚悟【独占インタビュー】 2018.02.01

日本代表の絶対的な守護神としてロシアワールドカップへの出場権獲得に貢献した川島永嗣。2016年夏にメスに加入した際は「第3GK」として獲得が発表されたが、絶え間ない努力で現在は正GKにまで上りつめている。リザーブチームでの試合も経験したという川島は、いかにして正GKの座まで辿り着いたのだろうか。(取材・文:小川由紀子【フランス】)[sponsord contents]

ファンティーニ燦

鳥栖加入の日伊ハーフGKファンティーニ燦。イタリア育ちの18歳守護神が描く将来像【インタビュー】 2017.04.05

2017年4月3日、サガン鳥栖はイタリア・セリエB(2部)のチェゼーナから18歳のGKファンティーニ燦(あきら)の加入を発表した。イタリア人の父親と日本人の母親を持つ東京五輪世代の守護神は、どんなプレースタイルで、どんな人物なのか。チェゼーナ時代の今年2月に収録した独占インタビューをお届けする。(取材・文:舩木渉【チェゼーナ】)

インタビュー取材はマルセイユのクラブハウスで行った

酒井宏樹が語る、欧州の守備文化。ドイツもフランスも「ドリブラーに対して下がらない」【インタビュー】 2016.11.17

2016-17シーズンから、フランスの名門オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹。今夏の移籍直後から、国内随一の人気クラブで右サイドバックとしてレギュラーの座を確保している。もはやヨーロッパ屈指の強豪となったパリ・サンジェルマンとの大一番を経た10月25日、フランス南部へ日本代表DFを訪ねた。(取材・文:小川由紀子【マルセイユ】)

磯佳奈江

NMB48磯佳奈江さん、アイドル界有数の元サッカー部員が語る、女子プレーヤーの苦闘【INTERVIEW】 2016.10.29

ウェブ番組『FChan TV』とのコラボ企画。今回は、「ボールはともだち」がキャッチフレーズで、アイドル界屈指のサッカー女子として知られるNMB48磯佳奈江さんのインタビューをお届けする。小学生時代は、なでしこJAPANで活躍するあの選手もチームメイトだった!?(取材・文:浜川絵理)

James J

今、注目したい18歳高校生。フットボールアーティスト James J が語る「成功への執念」【INTERVIEW】 2016.09.19

あなたは「JamesJ」という青年を知っているだろうか。自らをフットボールアーティストと称するJamesはインターネット上で旋風を巻き起こしているパフォーマーだ。現役高校生の18歳ながら、パフォーマンスに対する姿勢はプロフェッショナルの領域に達している。フットボールの周辺文化から生まれた彼の生き方に注目したい。(取材・文:Keiske Horie)

お笑いトリオ、パンサーの尾形貴弘さん

パンサー・尾形さんのサッカー人生と後輩・中村憲剛。「本当の長老になってほしい!」【INTERVIEW】 2016.06.23

ウェブ番組『FChan TV』とのコラボ企画。今回は、「サンキュー!!」でおなじみ、お笑いトリオ「パンサー」尾形貴弘さんのインタビューをお届けする。大学時代の後輩にあたる、中村憲剛との知られざるエピソードが明らかに!?(取材・文:中山佑輔)

宇佐美貴史【写真:安田健示】

[INTERVIEW]宇佐美貴史―世界で勝つための武器の磨き方― 2016.06.21

アウグスブルク移籍が決まったガンバ大阪の宇佐美貴史。日本代表のなかでも抜きん出た破壊力を持つG大阪のエースストライカーが2015年当時に語った、自身の新しい武器とは。(文:西部謙司 『フットボール批評issue05』より転載)

20160621_materazzi_fch

元インテルのマテラッツィ、長友は「最高の選手。人としても大好き」。5回目の来日を堪能【独占取材】 2016.06.21

インテルの公式旅行代理店を務める株式会社エス・ティー・ワールド本社に元イタリア代表のマルコ・マテラッツィが訪れた。かつてインテルで日本代表DF長友佑都とともにプレーした長身DFは、日本という国をすっかり気に入ったようだ。元同僚の長友については、「礼儀正しく、感じの良い選手だ」と印象を語っている。
(取材・文:今関飛駒/通訳:浜川絵理)

新着記事

FChan TV

↑top