「プレステじゃないんだ…」。首位陥落リバプール、クロップが記者の質問に失望

2019年03月04日(Mon)23時01分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ユルゲン・クロップ
ユルゲン・クロップ監督【写真:Getty Images】

 リバプールは現地時間3日、プレミアリーグ第29節でエバートンとのダービーマッチを戦い、0-0で引き分けた。ユルゲン・クロップ監督が試合後の会見で記者に不快感をあらわにしたと、英『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

 ダービーマッチをドローで終えたリバプールは、前日の試合で勝利していたマンチェスター・シティに抜かれ、2位に転落した。

 試合後の会見で、記者からもっと攻撃的に行くべきだったのではないかと問われるとリバプール指揮官は、「その質問には、本当に失望している。我々はプレイステーションで遊んでいるわけじゃない」とコメントし、さらに続けた。

「我々がリスクを冒してなかったと思っているのか。勝とうとせずに引き分けたのか。アタッカーを入れることが攻撃なのか。プレイステーションのように、アタッカーを増やしてサッカーを変えると思っているのか。我々は十分に攻撃的だし、サッカーはそれでは機能しない」

「我々は攻撃的なチームで、リスクを負っていることに疑いはない。しかし、全てのゲームでそうすることはできない。カウンターでやられることだってある。リスクは冒しているが、100%を超えるリスクを冒すことはできない。それは現実的ではないだろう」

 引き分けでは不十分であることは誰よりも分かっていたはずのクロップ監督。勝つためのリスクを冒さなかったという指摘には苛立ちがあったようだ。

【了】

新着記事

↑top