バレンシアの韓国人FW、早くも退団? 2部の3クラブが関心。移籍条件は?

2019年03月05日(Tue)13時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

イ・ガンイン
イ・ガンイン【写真:Getty Images】

 出場機会を失った、バレンシアに所属する18歳の韓国人FWイ・ガンインに対し、スペイン2部の3クラブが関心を示しているようだ。4日にスペインメディア『エルゴール・デジタル』が報じている。

 イ・ガンインは11歳の時からバレンシアの下部組織で育ち、昨年8月にバレンシアとの契約を2022年6月まで延長。契約解除金は8000万ユーロ(約104億円)に引き上げられた。昨年10月30日に行われたスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)4回戦のCDエブロ戦でメンバー入りすると、カルロス・ソレルやジェイソン・ムリージョ、ケビン・ガメイロらと共に先発出場を果たし、トップチームデビューを飾っている。そして、1月30日に正式契約を結んでトップチームに登録された。

 現地時間2月21日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのセルティック戦で出場し、バレンシア史上3番目に若い年齢でELデビューを飾っている。徐々に出場機会を増やしつつあったが、その試合を最後に試合に出ていない。コパ・デル・レイのヘタフェ戦ではチャンスも演出し印象に残るプレーを残していた。悪い結果を残したわけではないが、それでも負傷などの理由もなく出場機会を失っている。

 同メディアによると、イ・ガンインに対しスペイン2部のデポルティボとグラナダ、そしてオサスナの3クラブが関心を示しているようだ。夏に移籍する可能性もあるが、1部昇格を果たすことが条件とされる。

【了】

新着記事

↑top