岡崎慎司、新監督体制で初出場も現地評価はイマイチ…

2019年03月10日(Sun)8時25分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

岡崎慎司
岡崎慎司【写真:Getty Images】

 レスター・シティのFW岡崎慎司は、現地時間9日に行われたプレミアリーグ第30節のフラム戦に途中出場した。現地メディアは、72分からピッチに立った岡崎にあまり高い評価をつけていない。

 ブレンダン・ロジャーズ監督就任初戦となった前節はベンチ外となった岡崎。就任2試合目のフラム戦ではベンチ入りすると、1-1で迎えた72分からピッチに立った。

 その後、FWジェイミー・ヴァーディーの2ゴールで勝ち点3を手にしたレスターだが、岡崎に対する評価は伸びていない。

 『スカイ・スポーツ』は、レスターで100ゴール目を決めたヴァーディーら3人に「8」をつけた。岡崎の採点は「6」。チームで最も多い評価だが、最低タイの評価でもある。

 『デイリー・メール』も岡崎を「6」と評価。こちらはヴァーディーが単独最高点の「8.5」で、最低タイとなる「6」は岡崎のほか、MFラシド・ゲザルのみだった。

 プレー時間が少なくアピールが難しい岡崎だが、その短い時間で結果を出さなければ状況は改善されない。これから出番を増やしていけるだろうか。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top