原口元気不運…“雪”に阻まれ今季初ゴールならず。1アシスト記録も敗戦

2019年03月11日(Mon)11時33分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

原口元気
ハノーファーの原口元気【写真:Getty Images】

 ドイツ・ブンデスリーガ第25節の試合が現地時間10日に行われ、ハノーファーとレバークーゼンが対戦。激しい雪の中で行われた試合はアウェイのレバークーゼンが3-2で勝利を収めた。

 ハノーファーの原口元気は先発でフル出場。浅野拓磨はベンチ入りしなかった。2点のビハインドから原口のアシストによるゴールなどで一旦は追いついたハノーファーだが、終盤に突き放されての敗戦に終わった。

 レバークーゼンがケビン・フォラントの2ゴールでリードしたあと、34分には原口に決定的なチャンス。GKからのロングボールを受けて守備陣を振り切り、相手GKもかわして無人のゴールに向けてシュートを放った。だがグラウンダーのボールは薄く積もった雪に阻まれて急激に減速し、ゴールラインわずか手前でストップ。戻ってきたDFに対応されてしまった。

 それでも51分には原口のアシストからジョナタスが1点を返し、73分にはミッチェル・ヴァイザーのオウンゴールで2-2の同点。しかし87分にはカイ・ハフェルツが決勝ゴールを奪いレバークーゼンが勝利を収めた。

 ハノーファーはこれでリーグ戦4連敗。残留圏の15位アウクスブルクには8ポイント、プレーオフ圏の16位シュトゥットガルトには5ポイントの差をつけられ、残り9試合で苦しい状況に追い込まれている。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top