ベンゲルは慧眼? 節穴? アーセナルで潰れた青田買いイレブン。期待度ほど活躍できなかった男たち【編集部フォーカス】

かつてアーセナルを指揮したアーセン・ベンゲル氏は、チームを無敗優勝に導くなど卓越した手腕を発揮した。さらに若手の発掘にも長けるとの評価を得ていた。しかし、多くの逸材を起用したものの大成できなかった選手もいる。今回フットボールチャンネルでは、若くしてアーセナルに引き抜かれながら、思うような活躍を見せられなかった選手たちを紹介する。

2019年04月05日(Fri)10時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

GK

190405_1_getty
ヴィト・マンノーネ【写真:Getty Images】

GK:ヴィト・マンノーネ(2005年~2013年)
生年月日:1988年3月2日
アーセナルデビュー時の年齢:21歳
アーセナルでの出場数:23試合出場27失点
その後の所属クラブ
2013年~17年 サンダーランド
2017年~19年 レディング
2019年~ ミネソタ・ユナイテッド
代表歴:元U-21イタリア代表

 2005年にアーセナルに加入したヴィト・マンノーネは、イタリア人GKには珍しくキャリアの大半をイングランドで過ごしている。当時のアーセナルにはイェンス・レーマンやマヌエル・アルムニアの牙城を崩せず。

 ベンゲル監督の下では完全に開花することはなかった。それでもサンダーランドやレディングで奮闘し、今はアメリカMLSのミネソタ・ユナイテッドでプレーしている。イタリア代表としてはU-21チームの経験はあるが、A代表に選出されたことはない。

20200826_kanzen_kanzen

『フットボール批評issue29』


定価:本体1500円+税

≪書籍概要≫
なぜ、あえて今アーセナルなのか。
あるアーセナル狂の英国人が「今すぐにでも隣からモウリーニョを呼んで守備を整理しろ」と大真面目に叫ぶほど、クラブは低迷期を迎えているにもかかわらず、である。
そのヒントはそれこそ、今に凝縮されている。
感染症を抑えながら経済を回す。世界は今、そんな無理難題に挑んでいる。
同じくアーセナル、特にアルセーヌ・ベンゲル時代のアーセナルは、一部から「うぶすぎる」と揶揄されながら、内容と結果を執拗に追い求めてきた。
そういった意味ではベンゲルが作り上げたアーセナルと今の世界は大いにリンクする。
ベンゲルが落とし込んだ理想にしどろもどろする今のアーセナルは、大袈裟に言えば社会の鏡のような気がしてならない。
だからこそ今、皮肉でもなんでもなく、ベンゲルの亡霊に苛まれてみるのも悪くない。
そして、アーセナルの未来を託されたミケル・アルテタは、ベンゲルの亡霊より遥かに大きなアーセナル信仰に対峙しなければならない。
ジョゼップ・グアルディオラの薫陶を受けたアーセナルに所縁のあるバスク人は、それこそ世界的信仰を直視するのか、それとも無視するのか。

“新アーセナル様式”の今後を追う。

詳細はこちらから

【次ページ】DF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top