マンU、48失点はプレミア創設以来ワースト記録。リーグ戦7試合連続失点

2019年04月22日(Mon)8時00分配信

photo Getty Images
Tags: , ,

20190422_united_getty
マンチェスター・ユナイテッド【写真:Getty Images】

【エバートン 4-0 マンチェスター・ユナイテッド プレミアリーグ第35節】
 
 イングランド・プレミアリーグ第35節が現地時間の21日に行われ、マンチェスター・ユナイテッドがアウェイでエバートンと対戦し、0-4で敗戦した。

 開始13分で失点したユナイテッドはエバートンに主導権を握られると前半にもう1失点を喫する。この日先発出場したマルシャル、ルカク、ラッシュフォードの3トップは不発に終わり、さらに2失点を喫したユナイテッドはチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向け手痛い1敗となった。

 エバートン戦の4失点で今季ユナイテッドの総失点数は「48」となった。これは1992年にプレミアリーグが誕生して以来最悪の数字となっている。

 昨年12月にジョゼ・モウリーニョ前監督からチームを引き継いだオレ・グンナー・スールシャール監督は公式戦11試合無敗を続けるなど素晴らしいスタートを切った。しかしチャンピオンズリーグ(CL)では準々決勝でバルセロナに敗れ、直近のリーグ戦5試合では2勝3敗と当初の勢いは見られない。

 残り4試合でトッテナム、アーセナル、チェルシーとCL出場権の座を争うユナイテッド。混戦から抜け出すためには現在リーグ戦7試合連続失点中の守備陣を立て直すことが急務となりそうだ。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top