メッシ、確実視されたバロンドールに暗雲? 6回目の受賞を阻む他候補は…

2019年05月08日(Wed)21時11分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

リオネル・メッシ
バルセロナのリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

 史上最多となる6回目のバロンドール受賞が確実視される状況となっていたバルセロナのFWリオネル・メッシだが、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝でチームが世紀の大逆転負けを喫したことで、受賞は必ずしも安泰ではなくなる可能性もあるかもしれない。

 リーガエスパニョーラではバルサを優勝に導き、得点王もほぼ確実なメッシ。「事実上の決勝」と言われたリバプールとのCL準決勝でも1stレグで2ゴールの活躍をみせ、CL決勝進出と得点王をほぼ手中に収めたかに見えた。

 だが現地時間7日に行われた2ndレグでは、リバプールが4-0の勝利で奇跡的な大逆転を成し遂げ、バルサを敗退に追い込んだ。この結果は、メッシのバロンドール受賞に影響を与える可能性があるとの見方も生じている。

 アルゼンチン『ムンドD』は、バルサの敗戦を受け「メッシのバロンドールにブレーキ」と伝えた。『MSN』スペイン語版も、「バロンドールにさよなら?」と受賞に疑問を呈している。

 イタリア『トゥットメルカートウェブ』では、バロンドール受賞をメッシと争い得る候補としてリバプールのDFフィルジル・ファン・ダイクとGKアリソンを挙げた。また、もう一方の準決勝を戦う選手の中からアヤックスのDFマタイス・デ・リフトやトッテナムのFWソン・フンミンにも言及している。

 CL優勝や決勝進出は必ずしもバロンドール受賞の条件ではなく、個人として圧倒的なパフォーマンスを見せてきたメッシは依然として有力候補ではあるだろう。だが、限りなく100%に近かった状況が多少は変化したと言えそうだ。

【了】

新着記事

↑top