久保建英の“あの一撃”をひも解く。怖さ知る男の証言、17歳の何が「チームで一番」なのか

2019年05月15日(Wed)10時43分配信

text by 下河原基弘 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

林彰洋とカミンスキーの言葉

190515_hayashi_getty
FC東京の林彰洋【写真:Getty Images】

 チームを勝利に導いたビューティフルゴール。高いクオリティーを持つ久保だからこそ可能なゴールだった。予測が難しい高く浮き上がったボール。さらにCKからの流れということで、多くの選手がペナルティーエリア内に密集し、敵もコースをふさぎにきていた。ミートすることも簡単ではない状況で、いち早く位置を取り、ふかさず、体の軸をぶらさず、ここしかないというコースにシュートを蹴り込んだ。

 長谷川健太監督は「落下点を予測して動いて。難しいボレーシュートだと思いますが、シュート技術はチームの中でもトップクラスで、あの辺のうまさはさすがだなと思いました」と、一連の動きに感嘆の声をあげた。

 普段の練習から数多くのシュートを受け、ある意味1番久保の怖さを分かっているGK林彰洋も「彼は(シュートが)一番うまいかな。彼かナ・サンホか。サンホはどちらかというとパワー系かなという気もしますけど。建英はやっぱりインパクトも振りも早いし、キーパーとしてはすごく止めづらいようなシュートを打ってくる」と、その技術の高さを証言した。

 そして、1点に泣いた磐田のGKカミンスキー。「すごくクオリティーが高い。テクニックだけでなく、非常にスピードがありますね」と17歳の印象を話した。浮き球を絶妙にコントロールしたシュートなどから分かる“技術”だけでなく、落下地点に素早く入り込んだことも含め試合の随所に見られた“速さ”についても言及した。

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top