齊藤未月「サッカーの醍醐味は楽しんだチームが勝つこと」。主将は初戦へ意欲満々【U-20W杯】

2019年05月23日(Thu)7時51分配信

photo Wataru Funaki
Tags: , , , , , ,

影山雅永
U-20ワールドカップの公式記者会見に出席した齊藤未月(左)と影山雅永監督(右)【写真:舩木渉】

 FIFA U-20ワールドカップ2019に出場するU-20日本代表は、23日にグループリーグ初戦のエクアドル戦に臨む。試合を前日に控えた22日にはキャプテンの齊藤未月が公式記者会見に登壇した。

「ここまでしっかりチームとしていい準備ができていますし、明日の初戦に向けて、個人的に楽しみです。すごく楽しいゲームが見られると思うので、ぜひ期待して待っていてほしいなと思います」

 10番を背負う中盤のダイナモは、力強い口調で打倒・南米王者を掲げた。ブラジルなどを打ち破って強豪ぞろいの南米予選を突破してきたエクアドル相手でも、一歩も引くつもりはない。そして齊藤は世界との真剣勝負の舞台を全力で楽しむつもりだ。

「個人的に世界大会に出場するのは初めてですし、楽しみな部分が僕自身は大きい。いい成績を残したい気持ちはありますけれど、サッカーの醍醐味は楽しんだチームが勝つことだと思う。楽しんで、日本らしい戦いを見せたいなと思います」

 齊藤はチームキャプテンとしても「ワールドカップなので1つの勝ち負けであったり、もしかしたら引き分けというのも大事になってくる」戦いの中で、「監督と試合中にコミュニケーションをとるのも大事だし、個人的にチームとしてここは失点してはいけない状況なのか、攻めた方がいいのかというのは僕が判断するべきなのかなと思います」と攻守におけるかじ取り役を担っていくつもりだ。

「楽しんで勝つ」を掲げるだけあって、「日本が(グループリーグを)1位で通過すれば世の中もびっくりすると思う」と自信も覗かせる。

「決勝トーナメントに行けば50%:50%の確率で優勝できる確率は高まるんじゃないか」

 エクアドルだけでなくメキシコやイタリアといった各大陸の強豪が揃った日本のグループが厳しい戦いになるのは間違いない。世界で自分たちの真の実力を試す戦いが、ポーランドで始まる。

(取材・文:舩木渉【ポーランド】)

【了】

新着記事

↑top