U-20日本代表、苦しみながらも勝ち点1。影山雅永監督「攻守両方を高めなければ」【U-20W杯】

2019年05月24日(Fri)8時43分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

影山雅永
U-20日本代表の影山雅永監督【写真:Getty Images】

 FIFA U-20ワールドカップ2019が23日にポーランドで開幕を迎え、グループBの初戦で日本とエクアドルが激突。影山雅永監督率いるU-20日本代表は南米王者に苦しめられながら1-1で引き分け、貴重な勝ち点1をもぎ取った。

 試合を終えて記者会見に臨んだ影山監督は「『エクアドルはいいチームだぞ』というのを強調しすぎて前半のようなパフォーマンスになってしまったのかなと反省しているところです」と、1点ビハインドで終えることになった45分間の試合運びを悔やんだ。

「相手の攻撃スタイルにしっかり対応しながら、相手の強みを利用してしっかりゴール前に向かえる選手をチョイスしたつもりだったんですけれども、全体がナーバスになってしまった。いつもやっていることを放棄してしまった前半になってしまったのかなと思います」

 エクアドルに押し込まれる苦しい前半を終えて、影山監督はロッカールームでチームに檄を飛ばした。同点ゴールを決めた山田康太は「監督含め本当に勇気を持ってサッカーをしようと自分たちで話して、本当に自分たちは鼓舞しあって、前向きに取り組めていた」と、気持ちを入れ替えて挑んだ後半を振り返っていた。

 後半にはコーナーキックの場面で郷家友太がハンドを取られてエクアドルにPKを献上してしまうピンチもあったが、GK若原智哉が見事にストップして日本の士気はさらに上がる。その後はゴールに向かう意識がより高まり、68分に山田の同点ゴールが生まれた。望みをつなぐ勝ち点1への流れは「最低限」だと影山監督は語る。

「後半はしっかりと(パスを受けに)顔を出してボールを運び、相手のプレッシングを外しながらゴールに迫っていけた。今日の後半を最低限にしなければいけない。相手の攻撃に対しても時間とともに対応していけました。(押し込まれて)守備を45分やっていればどこかで決壊しますよね。攻撃だけ守備だけではなく、両方を高めることをさらに目指さなければいけないなというところです」

 ワールドカップという大舞台の初戦で緊張から硬くなってしまったところもある。決勝トーナメント進出を引き寄せるため、中2日で迎えるグループリーグ第2節のメキシコ戦には、短い時間を有効に使って最高の準備をし、心身ともにより良い状態で挑みたいところだ。

(取材・文:舩木渉【ポーランド】)

【了】

新着記事

↑top