“川崎の大砲”宮代大聖、バースデー弾2発「結果を出したい思いが強かった」【U-20W杯】

2019年05月27日(Mon)6時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

宮代大聖
U−20日本代表のFW宮代大聖【写真:Getty Images】

 FIFA U-20ワールドカップ2019のグループリーグ第2節が26日に行われ、U-20日本代表はメキシコに3-0で快勝。大会初勝利を挙げて勝ち点を4に伸ばし、決勝トーナメント進出へ大きく前進した。

 今大会初先発の面々が輝いた。先制点は21分、左サイドバックに入った鈴木冬一がオーバーラップして鋭いクロスを上げると、相手DFがクリア。そのこぼれ球を待ち構えていた藤本寛也がダイレクトで浮き球のパスをペナルティエリアに落とし、斜めに走り込んでいた宮代大聖が左足で狙い澄ましたシュートを突き刺した。

 26日が19歳の誕生日だった宮代は、後半にも勝利を決定づけるチーム3得点目を奪う。76分、交代出場したばかりの中村敬斗がペナルティエリア手前の田川亨介にパスをつけ、受けた背番号11は相手ディフェンスを引きつけてからスルーパス。

 仲間を信じてスペースに走り込んでいた宮代にラストパスが通り、背負った相手DFを物ともせず冷静に2発目のバースデーゴールを沈めた。

「スタメンで出られるというチャンスをもらったし、結果を出したい思いが強くありました。いつも通りの高いモチベーションでプレーに入れたと思います」

 初戦のエクアドル戦は途中出場で流れを変える役目を担ったが、ついに巡ってきたチャンスを逃さなかった。宮代は「2得点できたというのはポジティブに捉えていますけど、その他に修正する部分は多々あったので、それは次につなげたいです」と、結果を残したことでより気持ちを高めているようだった。

 試合の流れを引き寄せた1点目は「(藤本から出た)空中のボールを(田川)亨介くんがああいう形で競ってくれたので、その背後は狙っていました」と思惑通り。2点目も「亨介くんといい距離感を保てていたので、1対1を冷静に決められました」とストライカーらしい落ち着きが光った。

 一方、自身のバースデーゴールだったことについては「誕生日に得点できたのは嬉しいし、今後につながると思いますけど、まだ突破は決まったわけじゃないですし、次の試合に向けてしっかりいい準備をしたいです」と極めて冷静で、決勝トーナメント進出に向けてすでに頭を切り替えているようだった。

 日本はメキシコ戦の開催地だったグディニャから、エクアドル戦と同じビドゴシュチュに戻って次なる戦いに備える。決勝トーナメント進出に前進はしたが、まだ決定ではない。29日のイタリア戦は、グループリーグ1位突破をかけた重要な試合となりそうだ。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top