マンU、イングランド代表2選手の獲得を断念。CBの獲得はデリフトかクリバリか…

2019年06月07日(Fri)23時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

ジェイドン・サンチョとデクラン・ライス
ジェイドン・サンチョとデクラン・ライス【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドがドルトムントMFジェイドン・サンチョとウェストハムMFデクラン・ライスの獲得を断念したようだ。英メディア『ミラー』などが現地時間の7日に報じた。

 2017年8月にマンチェスター・シティからドルトムントに移籍した19歳のサンチョは、今季公式戦43試合に出場し、13得点19アシストと今季ブレイク。市場価値が急騰している。昨年10月にイングランド代表にも選出され、クロアチア代表戦でデビューも果たした。

 現在20歳のライスはウェストハムの下部組織から2017年にトップチームデビュー。各年代のアイルランド代表に選出され、2018年にフル代表デビューを果たした。だが、同年12月にイングランド代表入りを目指すことを宣言。2019年3月にイングランド代表に初招集された。今季公式戦38試合に出場し、2得点1アシストを記録している。

 そんな2選手にユナイテッドが興味を示していたが、獲得を諦めたようだ。特にサンチョには今季開幕当初から目をつけていたが、高騰した移籍金がネックとなり獲得を躊躇したようだ。

 また、ユナイテッドはCBの獲得にも動いていて、ナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリとアヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デリフトに興味を示している。だが、デリフト獲得にはパリ・サンジェルマンがリードしていると伝えられ、9000万ポンド(約124億円)の市場価値が付いているクリバリに関してはナポリが放出に前向きではない。

 果たして、ユナイテッドの今夏の補強は成功となるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top