35歳ロッベン、現役引退表明。「選手としてのキャリアを終える事を決めた」

2019年07月05日(Fri)7時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

アリエン・ロッベン
現役引退を表明したアリエン・ロッベン【写真:Getty Images】

 レアル・マドリーやバイエルン・ミュンヘンなどでプレーした元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが現役引退を発表した。

 ロッベンは4日付けのオランダ紙『デ・テレグラーフ』で「プロサッカー選手としてのキャリアを終える事を決めた。この決断は自分自身にとって最も難しいものだった」と語っている。

 1984年生まれのロッベンは16歳の時にフローニンゲンでプロデビューを飾る。その後PSVを経て2004年にチェルシーに移籍する。チェルシーではリーグ優勝2度経験するなどし、2007年にはレアル・マドリーに移籍を果たす。しかしマドリーでは怪我に悩まされ2シーズンで通算65試合に出場し13得点のみに終わった。

 そして2009年からはバイエルンに新天地を求めるとスピードあふれるドリブルと精度の高い左足を武器に通算309試合に出場し144得点101アシストを記録した。またチャンピオンズリーグ(CL)優勝など合計21個のタイトル獲得に貢献するなど一時代を築いた。

 オランダ代表としても輝かしい実績を持つロッベン。デビュー戦は2003年4月3日のポルトガル代表との親善試合で、ワールドカップには3大会、欧州選手権にも2度出場するなど代表通算96試合に出場し37得点30アシストを記録した。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top