プレミアリーグ、ついにVAR導入で価値下落の選手も!? PK増加は確実…どんな変化が起こるか

2019年07月16日(Tue)10時00分配信

text by プレミアパブ編集部 photo Getty Images
Tags: , , ,

各監督のVARへの反応とは

マウリシオ・ポチェッティーノ
トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督【写真:Getty Images】

 ちなみに各チームの監督たちはどのように考えているのだろうか。まず王者マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督は早い段階から「審判を助けるもの」として導入に賛成。一方でトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は「ファンをイライラさせるもの」として当初反対する姿勢を見せた。

 しかしそのシティとトッテナムが激突したチャンピオンズリーグ(CL)セミファイナルでは、ラストプレーでセルヒオ・アグエロのゴールがVARによって取り消されてトッテナムの決勝進出が決まった。皮肉なことにVARを擁護してきたペップは涙を飲む形となり、救われたポチェッティーノ監督は「VARについては信用する必要がある」とコメントした通り、反対意見を主張しにくい状況になった。

 ちなみに他の監督でいうと、アーセナルのウナイ・エメリはVAR導入を歓迎するコメントを残しており、リバプールのユルゲン・クロップは「議論の余地がある」と完全に支持はしないコメントを残している。

 いずれにしても開幕が近いにも関わらず、特に議論が進んでいない現状を鑑みると、完全に穴のない運用設計が終わってから導入するというより、導入後に問題が起こり次第、随時議論しながら微調整していくというスタイルをとるはずだ。

 そういう意味では来季は多少の問題は発生するかもしれないが、VAR導入という方向性は間違いないはず。都度議論しながら、プレミアリーグをより優れたコンペティションに導いていって欲しいものだ。

(文:プレミアパブ編集部)

【了】

1 2 3 4

新着記事

↑top