プレミアリーグ、ついにVAR導入で価値下落の選手も!? PK増加は確実…どんな変化が起こるか

2019年07月16日(Tue)10時00分配信

text by プレミアパブ編集部 photo Getty Images
Tags: , , ,

VARの影響で変わることとは

20190716_var_getty
昨年行われたロシアW杯ではVARの効果もあり歴代最多となる29本ものPKが与えられた【写真:Getty Images】

 まずVAR導入による影響として間違いないのはPKの増加だろう。

 VARが初めて採用された昨年のロシアワールドカップではいずれも歴代最多となる29本のPKが与えられ、22ゴールが生まれた。またリーガ・エスパニョーラでも同様のケースが見られ、PKの数は113本から130本へ増加。結局リーグ全体の得点の10%強がPKによるものになった。

 PKの増加に関しては単純にファールが見逃されなくなったという側面もあるが、スローモーションで映像を見返すと、単純な接触が必要以上にぶつかっているように見えることもあるという。そういう意味ではPKの増加に関しては、良し悪しの意見が分かれるかもしれない。

 ただ確実に良いと言える現象も起こっている。それはリーガではゴール前でのダイブも減少した点だろう。より厳密な判定が可能となったことで、ダイブは無意味な行為と化したのだ。審判を欺く行為が減少したことに関しては手放しで褒めて良いはずだ。

1 2 3 4

新着記事

↑top