酒井高徳、2つのブンデスクラブと交渉もまとまらず。HSV退団は決定的か

2019年07月19日(Fri)7時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

酒井高徳
酒井高徳【写真:Getty Images】

 18日付けの独誌『キッカー』がハンブルガーSV(HSV)に所属するDF酒井高徳の現状について報道している。

 同誌は「この日本人にとってHSVでの未来はない」と題し酒井がHSV退団へ進んでいる事を伝えている。

 酒井は昨季の最終節でチームの1部昇格を逃した戦犯としてホームのサポーターから指笛を鳴らされるなど批判の的となっていた。またプレシーズンにおいても出場機会は少なくディーター・ヘッキング監督は「とても難しい状況」と酒井についてコメントしている。

『キッカー』ではそんな酒井サイドが今季1部に昇格したパーダーボルンとブレーメンに交渉を持ち掛けていたが、両クラブから良い返事をもらえなかったと伝えている。なお日本への復帰が最も現実的な選択肢と報じているが、具体的なオファーはまだ届いていない模様だ。

 HSV在籍4年間で124試合に出場しゲームキャプテンも務めた28歳はこのままクラブを退団する事になるのだろうか。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top