リバプール、サラー売却で若手2選手を獲得へ?ムバッペやサンチョらが候補か

2019年09月03日(Tue)15時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

モハメド・サラー
モハメド・サラー【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグのリバプールにはエジプト代表FWモハメド・サラーを売却し、若手2選手を獲得する仰天プランがあるようだ。英メディア『ミラー』などが現地時間の3日に報じた。

 リバプールのファンサイト『Rousing the Kop』は、リバプールが2018年にブラジル代表FWフィリペ・コウチーニョを売却し、その資金でDFフィルジル・ファン・ダイクとGKアリソンを獲得したことでUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝を成し遂げ、プレミアリーグ優勝まで後一歩のところまで迫ることができたと伝えている。

 さらに、リバプールは2018年と同じようなことをしようと考えているようだ。サラーを売却した資金で候補の若手3選手のうち2選手を獲得しようとしている。候補に挙がっているのは、パリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペ、ドルトムントMFジェイドン・サンチョ、レバークーゼンMFカイ・ハベルツであるという。

 この3選手のうち2選手を獲得するとなると、多額の移籍金が必要となる。果たして、このプランは現実のものとなるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top