チェルシー主将にスペイン復帰の可能性が浮上。U-20イングランド代表の活躍次第か?

2019年09月05日(Thu)14時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

セサル・アスピリクエタ
セサル・アスピリクエタ【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグのチェルシー主将でスペイン代表DFセサル・アスピリクエタにスペインクラブ復帰の可能性が浮上した。英メディア『ミラー』などが現地時間の5日に報じた。

 アスピリクエタは主将としてチェルシーを牽引している。だが、チェルシーを率いるフランク・ランパード監督はチームの若返りを図るために、U-20イングランド代表DFリース・ジェイムズにチャンスを与えようとしているようだ。そのため、ジェイムズが台頭してきた場合、アスピリクエタは移籍する可能性があるという。

 アスピリクエタにはスペインのレアル・ソシエダとアスレティック・ビルバオが興味を示していて、同選手の状況次第では獲得に動く可能性があるようだ。果たして、チェルシー主将はスペイン復帰となるのだろうか。

 オサスナの下部組織出身のアスピリクエタは、2007年にトップチームデビュー。2010年にはマルセイユ移籍を果たした。同年11月に左膝前十字じん帯の断裂という大怪我を負ったが、怪我を乗り越え、2012年にはチェルシー移籍となった。今冬の移籍となれば、10年ぶりのスペイン復帰となる。

【了】

新着記事

↑top