マンU、22歳のイングランド代表MFを来夏獲得へ。レスターはまたも主力流失の危機

2019年09月13日(Fri)11時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

ジェームズ・マディソン
ジェームズ・マディソン【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドは来夏、レスター・シティに所属する22歳のジェームズ・マディソンの獲得に乗り出すようだ。英メディア『マンチェスター・イブニングスタンダード』が現地時間の12日に報じた。

 昨夏2250万ポンド(約30億円)でノーリッジ・シティから加入してきたマディソンは、昨季公式戦38試合に出場し、プレミア初挑戦ながら7得点7アシストを記録。昨年10月に行われたUEFAネーションズリーグのクロアチア代表とスペイン代表戦のメンバーに招集され、イングランド代表初招集となった。

 市場価値が一気に高騰した若手MFには今夏、ユナイテッドが獲得に興味を示していた。ユナイテッドは来夏、マディソンの獲得に動くようだ。同選手はレスターと2023年まで契約を結んでいるため、ユナイテッドは今夏獲得に動かなかった。だが、来夏に同選手の獲得に動く可能性があるという。

 レスターではここ4年間で毎年、主力が流失している。2016年にはMFエンゴロ・カンテと2017年にはMFダニー・ドリンクウォーターがチェルシーに移籍。2018年にはFWリヤド・マフレズがマンチェスター・シティ、今夏にはDFハリー・マグワイアがユナイテッドに移籍した。

 レスターは、またも主力をビッグクラブへ放出することになるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top