アーセナル指揮官、戦力外通告も…残留したCB見捨てず「彼の決断を尊重している」

2019年09月14日(Sat)9時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ウナイ・エメリ
ウナイ・エメリ監督【写真:Getty Images】

 アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督が、27歳のドイツ代表DFスコドラン・ムスタフィに期待を寄せているようだ。13日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 夏の移籍市場で、エメリ監督はムスタフィとモハメド・エルネニーに戦力外通告を行い、2人に移籍先を探すよう要求していた。エルネニーはトルコ1部のベシクタシュに期限付き移籍することになるが、ムスタフィのもとにはオファーが届かず、そのままアーセナルに残留することになった。

 一度は見放したエメル監督だが「ムスタフィはここにいることを決めた。彼がそう決断したならば、他の選手と同じく我々のチームメイトだ。もちろん、私は彼の決断を尊重している。彼と話し、私は分け隔てすることなく、他の選手と同じように扱うつもりだと伝えたよ。彼の決断に何があったかは知らない。しかし、決断した瞬間から彼は以前の自分とは違う別の選手としてスタートを切ったんだ。大きなモチベーションを持って、経験を積み重ねていくことを我々は望んでいる。そうすれば彼のパフォーマンスに良い影響を与えるだろう」と語り、今後の活躍に期待していることを明かした。

【了】

新着記事

↑top