アダム・ララーナ
アダム・ララーナ【写真:Getty Images】

【マンチェスター・ユナイテッド 1-1 リバプール プレミアリーグ第9節】

 イングランド・プレミアリーグ第9節、マンチェスター・ユナイテッド対リバプールが現地時間20日に行われた。試合は1-1のドローに終わった。

 ここまで開幕から8連勝と絶好調の首位リバプールはマネ、フィルミーノ、オリギが3トップを組み、中盤にはワイナルドゥム、ファビーニョ、ヘンダーソンが入った。対する14位ユナイテッドは、怪我で出場が危ぶまれた守護神デ・ヘアがゴールマウスを守る。だが、ポグバは怪我でメンバー外。また、怪我で離脱していたマルシャルがベンチ入りした。

 34分、右サイドを抜け出したマネがタッチラインギリギリでボールをコントロール。右サイド深い位置までドリブルで侵入すると、フィルミーノへマイナスのパスを供給。フィルミーノはダイレクトでシュートを放つも、デ・ヘアに阻まれた。

 直後の36分、オリギがリンデロフに後ろから倒され、ボールを奪われるも笛は鳴らず。ユナイテッドはカウンターを発動。マクトミネイが右サイドを抜け出したジェームズにパス。するとジェームズは低く速いクロスを中央に供給。中央でラッシュフォードが合わせ、ゴールネットを揺らした。リバプールは失点の直後、オリギに対してファールがあったのではないかと主審に猛抗議。VARで確認するもファールは認められず、ゴールが認められた。

 だが、リバプールが反撃に出る。44分、アレクサンダー=アーノルドのロングボールに対してマネが反応。リンデロフとの競り合いを制し、マネがゴールネットを揺らした。だが、ユナイテッドがこのプレーに対し抗議。VARで確認すると、マネのハンドを取られゴールは取り消された。

 後半は立ち上がりからリバプールのペースで進む。だが、中々ゴールが決まらないまま時間だけが過ぎていく。リバプールはジェームズのスピードに手を焼き、カウンターを受ける回数が多くなる。

 だが、リバプールが終盤に追いつく。85分、ロバートソンが左サイドで中央にグラウンダーのクロスを供給。ニアでフィルミーノがスルーし、中央で途中出場のララーナがダイレクトで合わせた。

 試合はこのまま終了し、1-1のドローに終わった。リバプールは、昨季から続くリーグ戦の連勝が17でストップ。マンチェスター・シティの連勝記録「18」に並ぶことができなかった。一方、ユナイテッドは4試合ぶりの勝利を逃した。

【得点者】
36分 1-0 ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
85分 1-1 ララーナ(リバプール)

【了】

新着記事

↑top