ドイツ杯、PK戦直前の守護神負傷でサイドバックが“急造GK”に。結果は…

2019年10月31日(Thu)21時54分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

エンリコ・ヴァレンティーニ
ニュルンベルクのエンリコ・ヴァレンティーニ【写真:Getty Images】

 DFBポカール(ドイツカップ)の試合で、交代枠を使い切った後でGKが負傷したことにより、DFの選手が“急造GK”としてPK戦でゴールを守る状況となった。ドイツ『ニュルンベルガー・ナハリヒテン』などが伝えている。

 現地時間30日に行われたDFBポカール2回戦の試合で、3部のカイザースラウテルンと2部のニュルンベルクが対戦。試合は2-2で90分間を終え、延長戦にもつれ込んだ。

 ニュルンベルクは90分間に3つの交代枠を使い切り、延長戦でも追加の4つ目の交代枠を使った。だが延長終了直前にGKパトリック・クラントが負傷してプレー続行不可能となり、2-2のまま迎えたPK戦でゴールを守るGKがいない状態となった。

 代役を務めることになったのはサイドバックのエンリコ・ヴァレンティーニ。交代枠を使い切ったあとのGK負傷や退場によりフィールドプレーヤーが代役を務めるケースは稀にあるが、PK戦でゴールを守るのは非常に珍しい状況だ。

 だがゴールマウスに立ったヴァレンティーニは、相手のPKを1本もストップすることはできず。味方選手も5人目までは全員がシュートを成功させて援護したが、6人目が失敗してしまい、カイザースラウテルンが6-5で勝利を収めた。

【了】

新着記事

↑top