インテルの24歳CB争奪戦はレアル優位に? 「合意に近づいている」と関係者

2019年11月20日(Wed)21時37分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

ミラン・シュクリニアル
インテルのミラン・シュクリニアル【写真:Getty Images】

 インテルに所属するスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルの争奪戦においては、レアル・マドリーが宿敵バルセロナを抑えて優位に立っているという。スペイン紙『アス』が19日付で伝えた。

 現在24歳のシュクリニアルは2017年に加入したインテルで不動のレギュラーとなり、今季もリーグ戦フルタイム出場中。マドリーやバルサ、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティなど多くの有力クラブからの関心も噂されている。

 シュクリニアルのマネジメントを手掛けるスター&フレンド社のパートナーであるというミザット・ハリス氏が、同選手の移籍に向けた現状を語っている。「ミラン・シュクリニアルはマドリーに行く可能性があると私は考えている」と見通しを示した。

「レアル・マドリーとバルセロナは2年前から彼の獲得を争っている。今はマドリーの方がインテルとの合意により近づいている。バルセロナよりも彼のことを強く望んでおり、必要としているからだ」とハリス氏は語る。

 同氏はまた、シュクリニアルの評価額として「1億ユーロ(約120億円)の価値がある」とも話している。その主張に基づけば、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアを上回る“史上最高額DF”となる可能性もあるかもしれない。

【了】

新着記事

↑top