なでしこジャパンが台湾を圧倒!岩渕真奈&田中美南が2ゴール…大量9得点で白星発進【E-1サッカー選手権】

2019年12月11日(Wed)18時12分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

なでしこジャパン
なでしこジャパン【写真:Getty Images】

【E-1選手権テレビ放送予定はこちら】

【日本女子代表 9-0 チャイニーズ・ タイペイ(台湾)女子代表 E-1サッカー選手権第1節】

 EAFF E-1サッカー選手権、日本女子代表(なでしこジャパン)対チャイニーズ・タイペイが11日に行われた。試合はなでしこジャパンが9-0で勝利を収めた。

 E-1サッカー選手権の初戦チャイニーズ・タイペイ戦に臨んだ日本。熊谷紗希の代わりにキャプテンを務めるのは岩渕真奈。その岩渕と田中美南が2トップを組む。ボランチに入った栗島朱里、右サイドバックに入った清家貴子が代表デビューとなった。一方、チャイニーズ・タイペイは元ノジマステラ神奈川相模原のミッシェル・パオがスタメン入りしている。

 先制したのは日本。7分、ペナルティエリア手前でボールを受けた岩渕がドリブルで仕掛け、相手に囲まれながらも右足でシュート。これがゴール左に決まり日本が先制点を奪った。続く9分、松原のパスを受けた田中がペナルティエリア内で前を向き、左足でゴールネットを揺らした。

 その後もペースを握る日本は追加点を奪う。三宅からのロングボールに岩渕がヒールで落とし、小林がダイレクトシュートを決めた。前半で3点を奪った日本が完全に試合を支配する。その後、田中のPKと松原の代表初ゴールで日本が前半のうちに5点のリードを奪う。

 日本は後半頭に2枚替え。遠藤に代えて林穂之香、田中に代えて池尻茉由を投入した。すると53分、代わったばかりの池尻がPKを獲得。このPKを池尻自らが決め、代表初ゴールとなった。さらに66分、左サイドのFKから清家がヘディングで合わせ、代表デビュー戦で初ゴール。これで日本が7点のリードに広げた。

 その後2点を奪った日本は、9-0でチャイニーズ・タイペイに勝利した。男子に続いてE-1選手権白星発進となった。

【得点者】
7分 1-0 岩渕真奈(日本)
9分 2-0 田中美南(日本)
16分 3-0 小林里歌子(日本)
38分 4-0 田中美南(日本)
44分 5-0 松原有沙(日本)
53分 6-0 池尻茉由(日本)
66分 7-0 清家貴子(日本)
71分 8-0 岩渕真奈(日本)
90+2分 9-0 池尻茉由(日本)

【了】

新着記事

↑top