「南野拓実を連れて来れたら良かったのに…」クロップ監督が獲得認める。期待感も露わに

2019年12月19日(Thu)7時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

ユルゲン・クロップ
ユルゲン・クロップ監督【写真:Getty Images】

 リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、加入間近の日本代表MF南野拓実について言及した。18日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 ザルツブルクに所属する南野は、リバプール移籍に向けてメディカルチェックを受ける段階に入った。リバプールが南野を獲得するために支払う金額は、契約解除金として設定されている725万ポンド(約10億5000万円)だと伝えられている。また、契約期間は4年半になるとの情報もある。ただ、加入が決定しても、正式にリバプールの選手になるのは2020年1月1日以降。冬の移籍市場が開くまで待たなければならない。

 そんな中で、リバプールはクラブワールドカップに臨んでいる。現地時間18日にモンテレイ戦が行われ、リバプールは2-1の勝利をおさめた。試合後、クロップ監督は広報担当に「あれはまだ公式ではない?」と訪ねた上で「私はそれについて話すことができない。ごめんなさい!まだ早すぎる」とコメント。

 だが、「正直言って、もし今日、彼を連れてくることが出来たら良かった。そうすれば本当に気持ちよかっただろう。彼はまだリバプールの選手ではないので、それを待つ必要がある」と、南野の獲得を認め、期待していることを明かしている。

【了】

新着記事

↑top