南野拓実
南野拓実【写真:Getty Images】

 来年1月からリバプール加入が決まった日本代表FW南野拓実はユルゲン・クロップ監督就任後、14人目の補強となったようだ。19日付けの移籍市場専門サイト『トランスファーマルクト』が報じている。

 現地時間19日、日本代表MF南野拓実が1月1日付で同クラブに移籍することでザルツブルクと合意に達したことを発表した。移籍金に関しての発表はなかったが、複数の英メディアは850万ユーロ(約10億4100万円)と報じている。

 なお今回の補強はクロップ監督が2015年10月に就任以来14人目となり、総額4億5125万ユーロ(約541億円)を投じている同サイトが伝えている。

 以下は『トランスファー・マルクト』が発表したクロップ監督就任後に獲得した14選手である。(移籍金が高い順)

1位 フィルジル・ファン・ダイク 8465万ユーロ
2位 アリソン 6250万ユーロ
3位 ナビ・ケイタ 6000万ユーロ
4位 ファビーニョ 4500万ユーロ
5位 モハメド・サラー 4200万ユーロ
6位 サディオ・マネ 4120万ユーロ
7位 アレックス・オックスレイド=チェンバレン 3800万ユーロ
8位 ジョルジニオ・ワイナルドゥム 2750万ユーロ
9位 ジェルダン・シャキリ 1470万ユーロ
10位 アンドリュー・ロバートソン 900万ユーロ
11位 南野拓実 850万ユーロ
12位 マルコ・グルイッチ(現:ヘルタ・ベルリン) 700万ユーロ
13位 ロリス・カリウス(現:ベシクタシュ) 620万ユーロ
14位 ラグナル・クラヴァン(現:カリアリ) 500万ユーロ

【了】

新着記事

↑top