ファビアン・ルイス
ファビアン・ルイス【写真:Getty Images】

 リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリーが、ナポリに所属するスペイン代表MFファビアン・ルイスの争奪戦で一歩リードしたようだ。スペイン『アス』が現地時間の27日に報じた。

 ベティスの下部組織からトップチームにデビューしたルイスは2018年夏にナポリへ移籍。昨季はナポリで公式戦40試合に出場し、6月にはスペイン代表デビューも飾った。今季は公式戦21試合に出場1得点を記録している。

 そんなルイスにはバルセロナやアトレティコ・マドリー、マンチェスター・シティなどが興味を示しているという。だが、レアルはすでにルイスの代理人に接触し、交渉を行っているようだ。

 果たして、ルイスはレアルに移籍し2018年以来のスペイン復帰となるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top